蒸気が出ない

サウンド・スチーム トーマス
動かない、スチームが出ない、喋らないということで来院した。
長いあいだ遊ばれずに放置されていたようだ、電池ボックスを開けると、大きく腐食が進んでいる。
マイナス端子3個が全て外れ、絶縁紙も緑色でヘドロ化している。分解する毎に断線が生じるため隙間から覗きながら丁寧に分解することにしたが、殆ど断線またはそれに近い状態だ。気がつくと目が痛く顔がヒリヒリする。慌てて手と顔を洗ったが電解液の影響だろう。

液漏れを拭い取り、一通り清掃してから接点、配線材、スピーカー等を交換したが何か変だ。
車輪を指で軽く回すとシュシュポポ、シュシュポポと鳴り蒸気を発生するが、線路上を走らせるとグーともスーとも言わない。またリズミカルにポンポンポンと車輪を叩くように押すとOKだが、ゆっくりだと強く押してもダメだ。
回路テスターの導通テストモードでは、押し方に係わらず接触不良はなさそうだが、接触抵抗以外考え難い。
車軸に取り付けられたカムと接点に関係がありそうなので、接点間隔を調整しているうちに治ってしまった。不思議だが一応これでよしとした。
トーマス
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: