レアなプラレール2種

全く動かないという事で3両連結のプラレール2種類をお預かりした。一台はD51型蒸気機関車、ギヤはオール金属製のレアものだ。
また写真ではわかり難いが、幅広のガッチリしたリン青銅板が、ライトの配線を兼ねてカバーのロックに用いられている。今では考えられない全く贅沢な設計だ。

もう一台の新幹線は初代やまびこだろうか、アルミダイキャスト製の強靭な連結器を使用しているのは驚きだ。
リモコン操作式で、当時としては先進のものであったに違いない。幸いディスクリート部品であるため、回路の点検が容易なのは有り難い、リモコンの操作側がないため十分な試験はできないが受信機は正常に作動し、ゴー/ストップが確認出来た。
今回の主たる故障原因は共に埃とグリスの塊によるメカ系の固着とタイヤ及び駆動用リムのゴムが劣化していた。このおもちゃは消耗、劣化による故障要因が少なく、まだまだ何年も使えそうだ、大切に使って欲しい。
昔のプラレール 金属製ギヤボックス2 アルミ連結2
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: