400系新幹線

キーキーキー・・・、油が切れた様な音がするとの事で来院した。
参考のために電池ボックスを開けたらマイナス側の接点が3ヶ所腐食している。
キーキー音だけが問題ではなさそうだ。
接点を磨き外部から4.5ボルト加えても電流が流れない、これは面倒だろう・・・埃もいっぱいだし!
電池のマイナス側のはずれ、モーターの片線のはずれ、ピニオンギヤの割れが2個、スイッチのレバー折れ、他に軸受に摩耗があり、発車ベルが聞き難いくらいの歯車音であるが、これは老朽化が原因だろう。
埃をブラシで取り除き、関連歯車とキーキー音の発生源にシリコーングリスを塗り完治としたが、今まで電池を入れずに手で押して遊んでいたのかも知れない。
DSC_0630.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: