配線材の交換が必要

正しくはハム太郎ハムハムカラオケ2というらしい。
小さな液晶とマルチファンクションキーを持ったマイク、それと音楽にあわせて体を左右に動かし歌ったり話したりするハムスターのぬいぐるみ。グーともスーとも言わない。
本体とマイク部にそれぞれ電池と電源スイッチが付いている。
なにはともあれ電池テストをするためマイク部の電池ケースを開けた。

マイナス側のスプリングが青く腐食している、先ずはここから始めるか・・・マイク部を分解するとマイナス接点部分でケーブルの半田付けが外れている、スプリング接点を経て被覆の内部にまで腐食が及んでいて撚り合わせると簡単に切れてしまう。基板から電池まで新しい手持ちのケーブルと交換した。さあこれで解決、多分!?・・・だめだ!!

次に本体側の電池回りも確認したが接点部分に大きな異常は見当たらない。
しかしこの段階では未だ“ぬいぐるみ”の開腹手術はしたくない。メカの入った“ぬいぐるみ”は油汚れなどとても気を使う、又復元が面倒なので分解はしたくない。どうせ本体はモーター、ギヤー、カム、スピーカー、駆動用トランジスター程度に違いない、マイク部の液晶がつかない理由は無い、メロディーICや重要ICチップはマイク側!?だろう。

分解しない言い訳をいろいろ考えながら再度マイク部分の点検に移った。マイクの基板を見るとICらしき物も乗っているが裏側なので確認は敢えてしない。先ずはケーブルの半田付けからチェックしよう、ラフにつけられたホットボンドを剥がすとケーブルも簡単に外れてしまった。もしやこれが真犯人・・・・

被覆を剥き始めると一向に新線が現れずボロボロ。6芯ケーブルを交換しなくてはならないか?とするとヤッパリ縫いぐるみ本体の分解か!諦めの悪さから腐食したケーブルを7~8cmほど剥き進めると、なんと少し綺麗な銅線が、さっそく手持ちの線で延長してテストを行ったらモードも切り替わる、テンポも変わる、人形も動く、しゃべる・・
直ったらしい。6芯ケーブルを交換してあげれば安心だが手持ちも無いし・・・・今回は直ったのだからこれでよい事にしてもらおう。先方にその旨を説明して・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: