FC2ブログ

わくわくクレーンゲーム、旧タイプ

子供がクレーンゲームの修理にチャレンジしたが上手くいかないので見て欲しいという事で来院した。
4歳の子供のおもちゃだがチェーンが途中で絡まったので、10歳のお兄ちゃんが修理にチャレンジした。旧型のクレーンゲームは、おもちゃドクターでも助手がほしいところだが恐るべき小学4年生だ。
1) チェーン“巻上げエンド”のカム位置の不良。
2) ギヤボックス噛み合わせ不全による軸受の損傷。
3) マイクロスイッチ用ガイドピンの破損。
概ね以上のようなトラブルがあったが、重要部品の損傷は無く、此処まで再現出来たのは、たいした10歳だ。

壊れた軸受を加工してギヤのスラスト方向のブレを防いだ、またマイクロスイッチはホットボンドで固定した。
組み立て後、一通りのテストをして完治とした。

このおもちゃは横にするとチェーンが絡まり故障の原因となるので電池の交換時など注意する様にお願いする事にした。
DSC_0552.jpg
お客様にお届けしたらクレーンが下まで行かないとの事で再修理となった!!
ギヤボックスを分解して再度調整を試みたが特に異常を発見できず時間だけが経過した。
格闘した結果は電池の容量不足と判明した。市販の電池チェッカーでは中レベルであるが、いきなり故障のような症状が出るのは問題だろう。

正常に動作する事を確認し、天井カバーを取り付けたら途中で急に負荷が掛かってしまった・・・組み立て時から気になっていたが、多数のケーブルを束ねているビニルチューブが硬化してスムーズに曲がらず3か所で折れ曲がり、そのうちの1か所が天井にぶつかりモーターの負荷になっている。何度か調整している間に屈曲点からついに断線、直すとまた1か所、ついにビニルカバーを完全に外し、絡まらない様に養生して完了としたが、次回トラブルが発生したらコードを元から交換する事にした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: