違っていた付属品

CDモグたんてっきんメロディスク
これは再修理品、このおもちゃはCDを挿入するとラックピニオンギヤの組み合わせで動物が上下に動き鉄琴を叩く仕組みだ。前回はラックギャの修理をしてお渡しした。

今般の修理は電源を入れると直ちにディスクが勝手に横に飛び出て止まってしまう・・・以前とは全く違う。
分解してみると何かおかしい!設計が?いやそんな筈はない!しかし構造がおかしい!部品がはずれた?そんな事もない!自問自答。

確か前回分解した時、大変良いおもちゃだとの印象だった!結局、修理不能でごめんなさいでお返しした。

後日“きかんしゃトーマスのメロディポッポ”用ディスクが間違って“モグたん・・・”に装着されていた事がわかった。”機関車トーマス”のディスクは、上から縦に装着するため重力でピニオンギヤの上にセットされるため特にロックの必要はないが“モグたん・・・”のディスクは水平に装着するので、ピニオンギャによって横に押し出されてしまうのを防ぐためディスクの中央にロック用の穴があり固定できるようになっていた。
きかんしゃトーマスのメロディポッポ モグラたたき鉄琴
一件落着はしたが何か気になる・・・間違った付属品を付けて持ち込まれた場合の再発防止が難しい、一人で類似のおもちゃを持っている事も珍しいが、おもちゃの病院としては幅広いおもちゃの知識?預かり時の問診?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: