FC2ブログ

頑張った!

プラレール8台(つづき)
修理の前に点検したら!
電池の接点交換 (既製品) 6台8個
電池の接点交換 (リン青銅板で加工分) 4台5個
ボディー割れ 接着1台
シャーシ亀裂、ひび補修 (エポキシ含侵、溶着) 8台
ピニオンギヤ割れ 交換 8台10個
ピニオンギヤ割れ 接着 1台1個
モーター交換 2~3台
タイヤ交換 5台10個
連結器 3台3個 
ざっと以上のようであった。

さてクリスマスに向けて修理開始だ!
板ばねのマイナス接点は材料の手持ちが無いためリン青銅板を探しに両国に・・と言ってもついでに寄ったのだが、非鉄金属の店に入って話していると、ベリリュームだけど・・・と、5×7cm程の半端物をただでくれた。帰宅後ただちに電池のマイナス接点を作ったが想像以上に上手くいった。最も時間がかかりそうなのがシャーシだが、4台は先輩おもちゃドクターに譲って貰ったものが使えたのは嬉しかった。多少加工したが、ほゞそのまま使用できたのは本当に助かった。残りの4台のシャーシは亀裂を埋める様にエポキシ系樹脂をパレットナイフで丁寧に刷り込んだ。強度的には十分だと思われたが念のため薄いFRP板で必要個所を補強してみた。
回らないモーターは3台あったが1台は軸受付近の錆を落としたら動き出したのでこれでよしとした。残りの2台は時間の関係で分解せずに新品に交換したが、ピニオンギヤの付け替えも思ったより順調にいった。
ギヤユニットはいつもの様にオーバーホールをして埃の除去、洗浄、注油を行ったら元気よく回転しだした。
最後にゴムタイヤと連結器を交換して10分ほど試運転してから完治とした。
修理台数が多く修理内容も少しずつ異なるうえ時間との勝負もしなくてはならなかったが何とか約束がはたせた。

折り紙サンタクロースを添えて納品したら、とてもとても喜んでもらえた。
依頼を受けた時の、あのもやもや感も一掃されたから、我ながらげんきんだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: